一般的な脱毛はこれ!「IPL脱毛」とは?

IPL脱毛のしくみと特徴

脱毛サロンで行われている脱毛方法の中でも主流と言われているのが、IPL脱毛です。脱毛の種類には、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛、光脱毛がありますが、IPL脱毛は光脱毛の一つです。IPLという光を照射し、毛根の働きを抑制して発毛機能を弱めることが可能です。IPLを肌にあてると毛のメラニン色素に反応し熱を発生させます。発生した熱が毛母細胞に影響を与えて働きを抑えるため、脱毛効果が期待できるというしくみです。

このような脱毛のしくみは医療レーザーとほとんど変わりません。医療レーザーは医療機関でのみしか施術ができませんが、IPL脱毛は脱毛サロンで施術ができます。それは光の出力が医療レーザーと比べて低く設定されているからです。

IPL脱毛のメリットとデメリット

医療レーザーと比べると毛根に与える影響が少ないため、施術回数が増えてしまいます。しかし、その分肌へのダメージが少ないのはメリットと言えるでしょう。ダメージが少ないだけでなく、IPLは美肌効果が期待できるのもうれしい点です。肌のキメを整えたり、くすみを取り除いたりできると言われているのです。痛みも少ないので、痛みに弱い人には向いていると言えるでしょう。

ただし、IPL脱毛はメラニン色素に反応させて脱毛をするものなので、皮膚の表面に出ている成長期の毛にしか作用しません。そのため、毛の毛周期に合わせて脱毛をすることになるので脱毛が完了するまでには1年以上かかることも多いです。気長に脱毛をしていくことが必要ですね。また、日焼けをした肌には照射できないので注意が必要です。

© Copyright Features Of Whole Body Hair Removal. All Rights Reserved